二重になるための美容整形はクリニックで受ける|切開法で半永久的

魅力的な目になるためには

女性

施術の種類

人の顔の印象は目によって大きく変わります。目の形が綺麗で大きいと好印象に繋がることから就活や婚活などの際に目を整形する人もいます。二重にするにはメスを使わずに行う整形とメスでまぶたを切開する方法に大きく分けることが出来ます。メスを使わずに行う整形は埋没法と呼ばれるもので、料金が安く短時間で施術が終わることから学生の間でも人気の施術です。施術時間は10分程度で終了するので休みを利用して整形する人が多く見られます。切開しないので目の腫れが少ないところも人気の理由です。これに対してメスで切開するのは全切開法と呼ばれている方法で、まぶたの脂肪が多く厚い時や二重の幅を広くしたい人に向いています。予算や希望、自分の目やまぶたの状態に合わせて施術を選ぶことが出来ます。

施術とメリットデメリット

では、埋没法と全切開、部分切開法のメリットとデメリットについて見ていきましょう。埋没法は、希望する二重の線に沿ってまぶたの裏から医療用の糸で止める方法です。糸で2〜数か所程度止めることできれいな二重にすることが出来ます。思い通りの二重にならなかった時は、修正しやり直すことも出来ます。また、切開しないので腫れたり強い痛みなどはありません。しかし、止めた糸が外れたり目を傷つけてしまうというデメリットもあります。全切開は、希望の二重の線に沿ってメスでまぶたを切開する方法です。施術する時には、まぶたの余分な脂肪を取り除いてから整形するので綺麗な二重にすることが出来ます。切開したあと縫い合わせおよそ1週間後に抜糸します。まぶたの脂肪を取り除くので自然で綺麗な二重に仕上がります。デメリットは少し腫れて痛みがあることです。